食事で薄毛が改善する?驚きの食事法

PAGE TOP PAGE BOTTOM

薄毛と食事の関係

 

薄毛になる原因の1つとして、
偏った食事や不規則な生活習慣が挙げられます。

 

そこで今回は、
どういった食事を行い、
どのような栄養素を意識的にとれば育毛にとってプラスになるのか?

 

を詳しくお伝えしていこうと思います。

 

 

髪の毛の育毛に欠かせない存在“亜鉛”

 

人間の毛髪を形成する重要な成分の1つにケラチンと呼ばれるタンパク質の成分があり、
ケラチンを多く含んでいる成分といえば、亜鉛が代表的に挙げられます。

 

亜鉛の摂取量が不足すると、髪の毛の育成が正常に行われず、
抜け毛や薄毛の原因となってしまいまうため、
亜鉛は人間の髪の毛の育成にとって、非常に重要な存在と言えます。

 

現代人の、実に9割近い日本人男性が、
一日に必要な亜鉛の摂取量を下回っているというデータも出ており、
今後も意識してこの亜鉛を摂取していかなければなりません。

 

通常ですと普通に食事をしていくだけで、
一日に必要な亜鉛の摂取量は充分にクリア出来るのですが、

 

カップラーメンやファーストフードなど、加工された食品を多く口にする現代人は
一日に必要な亜鉛の量を充分に摂取できていない
というデータが報告されています。

 

食材に含まれている亜鉛は加工してしまうと失われてしまうものです。

 

つまり、カップラーメンやファーストフードなど加工された食品を多く口にする現代人は
亜鉛を充分に摂取できていないというデータにもうなずけます。

亜鉛を多く含む食べ物とは?

 

ではどのような食べ物に亜鉛は多く含まれているのでしょうか?

 

亜鉛を含む最も代表的な食べ物の1つに牡蠣(かき)があります。
牡蠣に含まれる亜鉛の量は、
1個で1日に必要な亜鉛の摂取量の約半分も含まれているのです。

 

牡蠣を1日2個食べるだけで、1日に必要な亜鉛の量をを十分に摂取できる計算になります。

 

また他にも
チーズや牛乳などの乳製品
豆腐や納豆きな粉など大豆を使用した食品
アーモンドや黒豆、ゴマなどの豆類
牛もも肉やうなぎ

 

などにも、亜鉛は多く含まれているので
これらの食品を意識的に食べていくことが重要となります。

亜鉛の吸収が悪くなる組み合わせの食べ物は?

 

一般的に、亜鉛はお茶などに入っているタンニンと言う成分と一緒に摂取すると、
吸収率が悪くなってしまうと言われています。

 

せっかく、亜鉛を身体に取り込もうと、牡蠣や大豆製品を一生懸命食べたとしても、
食事の前後にお茶を飲んでしまうと亜鉛の吸収率が悪くなってしまい、効果が薄れてしまいます。

 

育毛を第一に考えるのであれば、
牡蠣や大豆の食品を食べる前後には、なるべくお茶を飲まないほうがい良い
ということが言えます。

 

今回は、育毛にとって相性の良い食べ物を紹介致しましたが、
例に挙げた食品を、毎日食べ続けるのはなかなか至難の業です。

 

特に「毎日2個の牡蠣を食べ続ける」なんてことは
常識的に考えて不可能ですよね。

 

そういった方には是非、
毎日牡蠣を2個食べ続けたのと同様の効果がある育毛剤
を使用してみてはいかがでしょうか?

 

 

今なら亜鉛成分などを含むサプリメントを1袋プレゼントキャンペーン中!

濃密育毛剤BUBKAの詳細レビューページへ