薄毛の人に起こるデメリット

PAGE TOP PAGE BOTTOM

薄毛になりたくない!と強く思う理由

 

人はどうして薄毛になることを嫌うのでしょう?
女性にモテなくなるから?
実際の年齢よりも老けて見られるから?

 

実は、理由はそれだけでは無いようです。

 

薄毛は外見だけの問題ではなく、
様々な身体のトラブルを引き起こす原因にもなり得ます。

 

ここではそういった事例を踏まえてご紹介していきましょう。

 

 

 

髪の毛は頭を寒さから守る重要な存在

 

人間は、髪が薄くなると寒さに対して無防備な状態になります。
特に夏場などは、クーラーから吹き出る、冷たい風が直接頭部に当ります。

 

髪の毛が薄くなると、寒さから頭部を守る働きが極端に低下するため、
髪がフサフサの人と比べて薄毛の人は、
寒さに対する耐性が低くなってしまいます。

 

周りの人が、
「あぁ〜♪この部屋は冷房が効いていて気持ちがいいなぁ^^」
と感じているときでも、

 

薄毛の人はその横でプルプルと震え、
その場に居れないほど寒く感じることもあります。

 

これは、人間の頭は寒さに強くできていないことによるもので、
髪の毛は頭を寒さから守る防寒効果も兼ねているからなのです。

 

薄毛の人が無意識に帽子をかぶるのも、
薄毛を隠そうとしているだけではなく、本能的に寒さから頭を守ろうとしているのかもしれません。

 

 

 

髪の毛は有害物質を体外に排出する重要な存在

 

人間には
体に入り込んだ有害物質を排出する機能が備わっています。

 

有害物質といっても幅広くありますが、
この場合は水銀などの金属製の有害物質を指します。

 

誤って体内に入り込んでしまった金属製の有害物質を、体外へ排出する機能
この機能を作り出す要因となる物質が毛髪にあると言われています。

 

そのため、薄毛の人は
万一、体内に有害な金属製の物質が入り込んでしまった場合の対応能力が劣ってしまうというデメリットも否定出来ません。

 

こういった話を聞くとやはり、カツラを被るよりも、
自分の髪を育毛・発毛させ、体内で有害物質から身を守る機能を作り出したほうが、
体にとってメリットが高いという事が分かりますね。

 

 

髪の毛は紫外線から頭皮を守る重要な存在

 

 

夏場などは太陽から強烈な紫外線が降り注がれます。

 

ご存知の通り紫外線は皮膚に悪影響を及ぼし、
シミ、皮膚病、皮膚炎など様々な皮膚の病気を引き起こす原因となるほか、
直接太陽の熱が頭皮に当たってしまうため、熱中症などのリスクも非常に高まります。

 

一時的な対応としては、帽子をかぶるなどの措置も効果的ですが、
夏の暑さで帽子の中が濡れる

汗や脂で毛穴に汚れが詰まり髪の毛に栄養が行き渡らなくなる

抜け毛が促進してしまう。
と言った負の連鎖が発生することも考えられます。

 

できることなら、自分の髪の毛を健康的に育て、
薄手の帽子をかぶって外出したいものですね。

 

今回は薄毛の人が引き起こしやすいトラブルやデメリットをご紹介しましたが、
やはり薄毛を嫌う一番の原因は
他人からの見た目なのではないでしょうか。

 

薄毛の人は、その見た目だけで
仕事面でも恋愛面でも不利な立場に置かれやすい
と言われています。

 

とても失礼で腹立たしい気持ちになるかもしれませんが、これが現実です。
人間関係、そして自分の体を守るためにも
この際、育毛に対して本気出して取り組んでみてはいかがでしょう?

 

ちなみにカツラにかかる費用は
作成費
ブラシ・接着剤などの備品 
カウンセリング・型とり代
修復・メンテナンス費
平均40〜70万円
しかも予備として?2個分

 

植毛手術の場合は
50〜200万円+ カウンセリング代
と多額の費用が掛かります。

 

対して育毛剤は
1本あたり7000円〜1万円
とカツラや植毛と比較して
非常にリーズナブルに悩みを解消してくれる心強いアイテム

 

しかも自分の髪の毛を育てる喜びもありますよね。

 

 

よし!自分は育毛剤で髪の悩みを改善する!と決意した

あなたにオススメしたい育毛剤一覧はこちら