大豆と唐辛子が抜け毛を予防する?

PAGE TOP PAGE BOTTOM

育毛に最大の効果をもたらす食材とは

 

最近の研究により、私たちが普段よく食べている
とある食材に育毛に効果のあることが判明しました!

 

その食材とは・・・
実は唐辛子大豆なのです。

 

唐辛子にはカプサイシンと呼ばれる
知覚神経を刺激する成分が含まれております。

 

カプサイシンは、知覚神経内の育毛に必要な物質
カルシトニン遺伝子の放出を手助けする働きをします。

 

一方、大豆には何かとよく耳にする機会も多い
イソフラボンと呼ばれる成分が含まれております。

 

イソフラボンには、カルシトニン遺伝子を増殖させる働きを持っており、
唐辛子に含まれる『カプサイシン』と、
大豆に含まれる『イソフラボン』がタッグを組むと相乗効果により

 

髪の毛を増やすのに重要な物質となる、
インスリン様成長因子(IGF−T)
を増やす働きを行います。

 

インスリン様成長因子(IGF−T)が増えると、
髪の育毛に必要な毛根細胞が活性化するだけではなく、
髪の成長期間が長くなるといった効果も現れます。

 

カプサイシンとイソフラボンの育毛効果を研究

 

実際に行われた研究では、薄毛に悩む男性と女性に
それぞれ、唐辛子に含まれるカプサイシン
大豆に含まれるイソフラボンを毎日服用してもらい、
育毛の効果と抜け毛の予防との関係を
調査する研究が行われております。

 

カプサイシンとイソフラボンの服用の効果は、
それぞれ個人差が見られるようですが

 

研究を始めて2か月後には、約4割の方に効果が現れ、
また5ヶ月後には6割以上の方に効果が表れたとのことです。

 

男女比率でみると、
男性で効果が表れた人は約80%であったのに対し
女性は約40%の人に効果が表れたようです。

 

この研究によると、
男性のほうが圧倒的に、カプサイシンとイソフラボンによる
育毛の効果が現れたことが分かります。

 

唐辛子などの辛い食べ物は薄毛になりやすい?

 

これは唐辛子を使った料理の代表格である、
 キムチ料理やチゲ鍋などの韓国料理を中心とした辛い料理の話題で
「辛いものを食べ過ぎると抜け毛が増えて薄毛になりやすい」
といったウワサを聞いた事があるでしょうか?

 

個人差はあるものの、ほとんどの方が、辛いものを食べた後などは
尋常では無いほどの汗をかきます。

 

かいた大量の汗や皮脂により、頭皮の毛穴がふさがってしまうことで
毛根に十分な栄養を送ることができなくなるため、
結果的に髪の毛が栄養不足になってしまい、収縮し抜け落ちてしまう・・・

 

というもの。

 

カプサイシンの摂取は髪の育成にとても効果がありますが、
その後のアフターケアを怠ると、逆にマイナスの効果になってしまう
という諸刃の剣の一面も持っております。

 

つまり、唐辛子などの辛いもの食べて、大量に汗をかいた後は
頭皮をよく洗い、清潔な状態を保つことで
より効果的な育毛を行えることが可能となります。

 

ぜひ唐辛子と大豆をうまく料理に組み合わせて
効果的な育毛実践してみてください^^

 

しつこいようですが、汗をかいた場合は頭皮を清潔に保つことをお忘れなく。

 

実は、無理をして唐辛子や大豆を食べなくとも
インスリン様成長因子(IGF−T)を増やす効果のある育毛剤があるんです。

 

 

IGF-Tを増やす効果に着目した育毛剤

リッチハーベストローションの詳細レビューはコチラ