タバコは薄毛の原因になる?

PAGE TOP PAGE BOTTOM

タバコと薄毛の関係は?

 

あなたは、
「タバコを吸っている人って薄毛の人が多いよね」
と誰かが話していることを聞いたことがありませんか?

 

私は今までに、このフレーズを色々な人から何度か聞いたことがあります。

 

果たしてこのウワサは本当なのでしょうか?
喫煙と薄毛の因果関係について説明します。

 

 

 

喫煙は毛髪に悪影響?

 

喫煙は毛髪にとって良いもの?悪いもの?と問われたら
まず間違い無く言えることは

 

「タバコは毛髪に良い影響を与えない!」
と言えるでしょう。

 

なぜなら、人間は喫煙をするとタバコの成分に含まれるニコチンの作用により
体の毛細血管が収縮してしまうからです。

 

以前にもお伝えしたとおり、髪の毛を育成する上で、
頭皮に栄養を送るための血管の太さはとても大切なもの。

 

血管が収縮してしまうと、毛穴の奥深くにある毛乳頭に、
髪の毛の成長に必要な栄養が行き渡らず
毛根は衰退し、結果的にあなたの大切な髪の毛は抜け落ちてしまいます。

 

喫煙により血管が収縮し、頭皮への血行を悪くする事実から考えても
「喫煙は毛髪にとって決して良いものでは無い!」
と胸を張って言えます。

 

禁煙によるストレス

 

「髪の毛が抜けるのが嫌だ!」という理由で、
固く禁煙を誓った方もいるはず。

 

しかし、これで一安心ではありません。
本当はタバコが吸いたいけれど髪の毛のため・・・

 

と無理に禁煙を続けると、
今度は禁煙事態がストレスとなり、
新たな問題が発生してしまいます。

 

ストレスによる睡眠不足は、これまた髪の成長にとっての大敵。

 

睡眠時の時間に働く、副交感神経の作用により、
あなたの髪や身体は成長や修復を行うからです。

 

喫煙という行為は、髪の毛にとって決して良いものではありませんが
育毛の視点だけで考えた場合、
ストレスを溜め込んでまで禁煙する必要は無いと言えるでしょう。

 

むしろ逆効果になってしまう可能性も十分にありえます。

 

 

喫煙による血行の低下と抜け毛の関係

 

また、タバコが髪の毛に悪影響を与えているもう一つの要因としては
「喫煙行為による体温が低下」
が挙げられます。

 

体の体温が下がるという事は、体内の血行が悪くなっているということ。
体の血行が悪くなると毛根に十分な栄養が行き渡らなくなり、
結果的に毛根は収縮し髪の毛が抜け落ちてしまいます。

 

血行が悪い。つまり身体を冷やすといった行為も、
髪の毛にとっては大敵といえます。

 

タバコは百害あって一理なしと昔から言われていますが、
髪の毛の育成に悪い影響を与えるだけではなく、

 

肺がん、脳卒中、心筋梗塞など、生活習慣病を引き起こす
深刻な原因となる恐れがあります。

 

薄毛、抜け毛の予防をいいきっかけとして、
この際思い切って禁煙してみてはいかがでしょうか?
(くどいようですが、禁煙はストレスにならない範囲内で行なってください)

 

何を隠そう、私はれっきとした禁煙成功者です。
よく「タバコやめると1年間で〇〇円の節約になるよ!」
などといった例えをして、禁煙を進める人もいますが・・・

 

私は、この考え方はあまり効果的では無いように感じます。
お金も大事ですが、あなたの身体は1つしかない大切なもの。

 

病気になってから後悔する前に、
自分の大切な体を守る!という理由で
ぜひ決断してみてどうでしょう?

 

タバコは辞めたくない!でも薄毛が気になる・・・
という悩みを持っているあなたに夢の様な育毛剤をご紹介します。

 

喫煙で収縮してしまった血管を拡張する作用を持つ
愛煙家のあなたに是非使って頂きたい育毛剤はこちら

 

 

濃密育毛剤チャップアップの詳細レビューページへ