薄毛の原因となる大敵 《ストレス》

PAGE TOP PAGE BOTTOM

薄毛とストレスの密接な関係

 

人はどうして薄毛になるのでしょうか?
当たり前の話ですが抜け毛が多くなると次第に髪の毛は薄くなり、
頭皮がお目見えしてしまいます。

 

現代人の多くがストレスを抱えながら生活していると言われておりますが
ストレスが抜け毛がを促進する大きな原因の1つに挙げられています。

 

あなたは、ストレスが多くなると抜け毛が増える
という話を聞いたことがあるかとは思いますが

 

どうしてストレスが増えると抜け毛が多くなるのか?
というメカニズムまで詳しく語れる人は人はおそらく少ないのではないでしょうか?

 

今回はストレスと抜け毛の因果関係について詳しくお伝えしていきます。

睡眠不足と薄毛の関係

 

ストレスを抱えている人の多くは
「夜に布団に入ってもなかなか寝付けない」
といった症状を訴える事がとても多くあります。

 

この症状はいわゆる《不眠症》と呼ばれる病気なのですが、
髪の毛の発育にとって、とても重要な要素を占めるのが
睡眠時の副交感神経の働きです。

 

そもそも、私たちの髪の毛が成長するのは、
睡眠時に副交感神経が一生懸命働いてくれていることにより
健康的な髪の毛を育て上げてくれるから
なのです。

 

また、副交感神経の働きは、
髪の毛の成長だけではなく、身体の成長や疲労回復も行なってくれます。

 

不眠症の人や、夜になかなか寝付けない人、睡眠時間が極端に少ない人は
副交感神経が働く時間が短くなってしまうため、

 

身体の成長や髪の成長の大きな妨げになり、
結果的に病気になってしまったり、抜け毛や薄毛の原因に繋がってしまいます。

 

ストレスと薄毛の関係

 

人は体にストレスを溜め込むと血液の流れが悪くなり、
肩こりや頭痛・目の痛み・内臓疾患など様々な症状を引き起こす
万病の元とも言われています。

 

そもそも血液の流れは、人間の体の中にある自律神経により制御されています。
ストレスを溜め込んだ身体は自律神経の運動が鈍くなり、
正常に血液をコントロールさせることができなくなります。

 

血液の流れが悪くなることにより、
毛根へ十分な栄養を行き渡らせることができず、
結果的に髪の毛の発育を鈍らせ、
抜け毛や毛根の痩せ細りといった原因につながってしまいます。

 

抜け毛によるストレス

 

抜け毛を気にし出すと、その抜け毛を見るたびにがストレスとなり
悪循環を繰り返すケースもあります。

 

・お風呂に入ったら◯本抜けた
・朝起きたら枕に◯本抜け毛があった
・髪の毛をクシでとかしたら◯本抜けた

 

など、抜け毛に対して神経質になりすぎて、
結果的にストレスを増やす原因となり、
薄毛を加速させてしまうこともあるようです。

 

薄毛で悩んでいる方にとって抜け毛は深刻な問題ですが
何事も悩みすぎはよくないということです。

 

会社、私生活、学校、家庭において
ストレスというものは必ずついて回るものです

 

特に真面目でおとなしい性格の日本人は、
ストレスを溜め込んで生活している方も多いと言われておりますが・・・
あなたの体は1つしかない大事なもの

 

あまりストレスを溜め込まず、時には自分なりのストレス解消法でストレスの発散を行い、
現代社会上手に生きていく事が
体にも髪の毛にも大切なことなのかもしれませんね。

 

使用者の約97%が満足と回答し、
多くの人が薄毛のストレスから開放された育毛剤

 

 

濃密育毛剤チャップアップの詳細レビューページへ