薄毛と男性ホルモンの密接な関係

PAGE TOP PAGE BOTTOM

髪の毛と男性ホルモンの関係

 

男性ホルモンが多い人は禿げやすい?
男性ホルモンが少ない人はハゲにくい?
と言う話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

そもそも男性ホルモンと女性ホルモンは体内にある副腎と呼ばれる臓器で作られています。
おそらく多くの方が

 

・男性ホルモンは男性にしかないもの
・女性ホルモンは女性にしかないもの

 

という認識をされているのではないかと思いますが、
実はこの男性ホルモンと女性ホルモン
性別に関係なくどちらも持ち合わせているものなのです。

 

しかし、この男性ホルモンと女性ホルモンを
持ち合わせている量には個人差があり、
それにより、薄毛になりやすい人や抜け毛が多い人などの個人差が現れてきます。

 

一般的に男性ホルモンが多いと体毛が濃くなる
対照的に女性ホルモンが多いと体毛が薄くなると言われていますが、

 

毛髪に関しては若干この見解が違ってくるようです。

 

 

男性ホルモンに含まれる成分“テストステロン”

 

男性ホルモンには。テストステロンと呼ばれる成分が含まれており、
このテストステロンが主に体毛(陰毛、脇毛、ヒゲ)、男性生殖器、喉仏の形成などを行い、
一般的には“思春期”と呼ばれる中学生〜高校生の年代に多く分泌されます。

 

この男性ホルモンに含まれるテストステロンが
いわゆる男の体を形成するためにとても重要な役割を持っているのです。

 

しかしこのテストステロンには、男性の体を形成する影響とは別に、
頭皮や毛髪に影響を及ぼすという別の作用も起こります。

 

テストステロンが、男性の頭皮の毛穴の中にある毛髪を作るための、
重要な組織である毛乳頭と結びつくことにより、
新たな成分ジヒドロテストステロンと呼ばれる成分に変化してしまいます。

 

このジヒドロテストステロンと呼ばれる成分は、
主に男性の体毛である陰毛、脇毛、ヒゲを濃くする重要な役割を持っていますが、
逆に髪の毛を薄くしてしまうという、ちょっと変わった性質を持っています。

 

よく温泉や銭湯で
腕の毛やすね毛が濃いのに髪の毛が薄い
といった人を見た事は無いでしょうか?

 

このような人はジヒドロテストステロンの作用により
体毛の濃さがアンバランスな状態になっていると考えられます。

 

男性ホルモンと毛髪の間にはとても深い関係があるのですね。

 

ジヒドロテストステロンの作用と薄毛の関係

 

では、なぜジヒドロテストステロンの作用により
髪の毛が薄くなってしまうのでしょうか?

 

ジヒドロテストステロンの成分には、
男性の髪の毛の根本(毛根)を収縮させてしまう作用があります。

 

そのため。この成分が増えてしまうと、
毛根が収縮しふんばりが効かなくなった髪の毛が、頭皮から落ちてしまい、
抜け毛となってしまいます。

 

また髪の毛の細さも非常に細くなることで、
髪の毛が薄いと見られてしまいます。

 

「男性ホルモンが原因で薄毛になってしまうのなら、自分ではどうしようもない!」

 

と諦めてしまうのはちょっと早いですよ。

 

体毛濃くする代わりに毛根を収縮させてしまう
ジヒドロテストステロンの働きをコントロールする
まさに救世主とも呼ばれる育毛剤があるんです!

 

その救世主となる育毛剤はコチラ↓↓

 

 

薬用ポリピュアEXの詳細レビューページへ