育毛とお酒の意外な関係?

PAGE TOP PAGE BOTTOM

育毛とお酒のチョット驚きの関係

 

よく「酒は百薬の長」と言うことわざを耳にすることがあります。

 

 

この言葉ができた由来としては、とある研究家のデータにより、
お酒を飲まない人より、適度にお酒を飲む人の方が長寿である
といった研究結果が発表されたからによるものと言われています。

 

果たして、お酒に含まれているどの成分が、体に良い影響を与えているのでしょうか?
そして育毛にはどのようなお酒が効果的なのでしょうか?

育毛にオススメなお酒はビール?

 

一般的に良く飲まれているお酒といえば、やはりビールですよね。

 

ビールは、発芽した大麦と苦味成分の元となるホップに
ビール酵母を加え発酵させたもの。

 

この時に二酸化炭素を加えることで、
あのシュワシュワとした炭酸の飲料が完成します。

 

ビールに限らず炭酸を含んだ飲み物には、
末端神経を拡張する作用があり、
体内の循環器系の機能の改善にも良いと言われています。

 

また髪の毛にとって血管が太くなるという事は、
毛根に栄養分を運びやすくなるため効果的と言えます。

 

それに加え、ビールに含まれているホップには、
ゲラニオールと呼ばれる成分が入っており、

 

ゲラニオールが知覚神経を刺激し、インスリン様成長因子(IGF−T)
を増加させるため、育毛の促進につながります。

 

つまり一般的なの炭酸飲料入りのジュースを飲むより、
ホップの入ったビールを飲むことで
炭酸+ゲラニオールのダブル効果で髪の毛にとっては良いというわけです。

薄毛の方にオススメな日本酒飲み方は熱燗

 

我々日本人に馴染みの深いお酒といえば日本酒
ご存知の通り、日本酒の原材料はお米から造られています。

 

蒸したお米には、タンパク質や脂肪などが含まれており
そこに麹菌を入れることでお米が発酵し、
発酵作用によりブドウ糖やアミノ酸脂肪酸が作られます。

 

またそこに酵母菌を入れることによりアルコール発酵が行われ
エステルやエタノールなどの香り成分を生成。
同時にアミノ酸や有機酸などの旨味成分も発生し、
様々な工程を経て、我々が普段口にする日本酒が完成します。

 

日本酒を作る上で清酒酵母は米麹の作用により発酵が行われます

 

この時発酵されたお米の中にはα-グリコシルグリセロール
という物質が発生します。

 

α-グリコシルグリセロールはアルコールから清酒酵母を守る重要な働きを行います。
人間が体内を守るすなわち、インスリン用成長因子(IGF−T)の
分泌を促進する作用をもたらすことができれば、α-グリコシルグリセロールの成分が毛髪の育毛にとって効果的であると言えるでしょう。

 

ここに面白い実験結果があります。
マウスによる実験で、マウスの皮膚に、日本酒を塗布しインスリン用成長因子(IGF−T)の分泌変化について調べた実験によると、

 

マウスの皮膚のコラーゲンとインスリン様成長因子が増加した
と言う研究結果が報告されています。

 

つまり人間の体にも同様に、日本酒を飲むと、
体内のインスリン様成長因子の分泌が増加され
髪の毛の育毛に効果があるという結果が導き出されます。

 

より効果的にな日本酒の飲み方としては、
飲んだ時に知覚神経が刺激されやすい温度まで温めることが必要。

 

日本酒の場合は熱燗くらいの温度が、
育毛にとってベストな温度だと言われております。

 

ビールや日本酒を飲むより圧倒的に
インスリン様成長因子(IGF−T)の効果を発揮する育毛剤をご紹介します。

 

 

IGF-Tを増やす効果に着目した育毛剤

リッチハーベストローションの詳細レビューはコチラ