育毛シャンプーとの比較

PAGE TOP PAGE BOTTOM

育毛剤と薬用シャンプーとの比較

よく薬用(育毛)シャンプーと育毛剤は比較されます。

 

どちらも育毛ジャンルの商品として、育毛をしている人にとっては
どちらも重要なアイテムです。

 

ですが育毛剤と薬用シャンプーとでは明確に役割が違います。
その違いでは何でしょう。

 

ここをよく理解しないで育毛に励んでも効果が半減してしまうばかりか
まったく育毛には繋がらないということも。

 

ではその役割の違いとはなんでしょう。
それを明確にしてみたいと思います。

 

薬用シャンプー(医薬部外品)
  • ふけ、痒みの防止
  • 毛髪、頭皮の汗臭を防ぐ

 

薬用シャンプーは育毛の効果効能を狙ったものではなく、
汚れを落とすことや頭皮環境を整えたり改善することが主目的です。

 

シャンプーの際頭皮に刺激を与えたり皮脂を取り過ぎたりしないようにすることや
育毛にマイナスとなるパラベンやシリコン、石油系界面活性剤などを使用しないなど
育毛というよりは、育毛しやすい環境を整えるということです。

 

もちろんそれだけで薄毛が改善されることはありますが、
それは頭皮環境の改善によるものだと考えられます。

 

 

育毛剤の役割
  • 育毛・発毛促進
  • 脱毛防止・養毛

 

育毛剤は毛を育てるものです。
ですが頭皮環境が良い方が育毛効果が良いのは明らかです。

 

ですのでシャンプーもないがしろにはできませんし、頭皮にやさしいものを使用して
頭皮環境の改善が育毛に関しても良いというのはご理解いただけるのではないでしょうか。

 

育毛を考えるならシャンプーにも気を配ることをオススメします。

 

 

 

薬用シャンプーと育毛剤の役割の違いの確認ができます。

濃密育毛剤チャップアップの公式サイトで詳細確認